2014年10月2日(木)に札幌cube gardenで行われた浅井健一ライブに行ってきた。

2014 AUTUMN TOUR「Splash Nancy」ACOUSTIC & ELECTRIC NIGHT

札幌cube gardenはサッポロファクトリーの近くにある。札幌cube gardenには初めて入った。キャパシティは300人ぐらい。全国ライブハウスキャパ一覧wikiによると、指定席が39あるとのこと。ペニーレーン24の2/3ぐらいの大きさだと感じた。

男女比は4:6ぐらいだろうか。僕が前によく行っていたエレファントカシマシは1:9ぐらいだったので、かなり男性が多い印象がある。ちなみに男性ボーカルだと、女性ファンが多いし、女性ボーカルだと男性ファンが多くなる。

18時45分整列開始で19時入場。19時半開始。先に「FC◯番の方いますか~」という入場の仕方があり、FCというのはファンクラブのことだと思われる

浅井健一チケット

僕は165番だったので、けっこう後ろのほうと思ったが、入ってみると、5列目あたりに位置取ることができた。

深緑

今日のライブではAJICOの名曲、「深緑」を演奏した。心から驚いた。浅井健一がAJICOの「美しいこと」を演奏し、歌ったのは聴いたことがある。でも、「深緑」は初めてだった。

しかし、チューニングが狂っていたようで、イントロ後、歌に入った少し後、「ちょっと待って」と言っていて演奏を止めた。場内が盛り上がった。「Eがおかしいよね」と言ったように聴こえた。浅井健一はチューニングしながら、照れくさそうにバンドメンバー紹介を行った。チューニングが終わってから、「深緑色した…」と始まった。

ベンジー色がある「深緑」だった。素晴らしかった。個人的に最もピークな瞬間。ドラムはAJICOのメンバーでもある椎野恭一だった。

バンドメンバー

今回のライブは以下のような編成だった。

  • 浅井健一(ボーカル・ギター・ベース)
  • 福士久美子(コーラス・キーボード)
  • 岡村美央(バイオリン)
  • 椎野恭一(ドラム)
  • 皆川真人(ベース・キーボード)

五人編成。前列真ん中に浅井健一、客側から見て左に福士久美子、右に岡村美央。後ろは左に椎野恭一、右側に皆川真人。変わったスタイルだ。

普通のライブはギターとベースが目を合わせて、合図をしたりするが、皆川真人は黙々とベースを弾いているような感じで、ほとんど目を合わせることがなかったと思う。浅井健一はほとんど椎野恭一や福士久美子と目を合わせていた。

映像

バックの黒い幕が開き、白い幕になった。何かと思った。次の瞬間、映像が投影された。モノクロのメリーゴーランドや花や草原の景色。その中で演奏をする。3曲ぐらいそういう曲があった。映像をバックに演奏する浅井健一は本当に格好良かった。

トークリスト

トークらしい、長いトークはなかったが、いくつかのトークがあったので、抜粋。

(曲の前に)「レッツパーティー!」

「今日は来てくれてありがとね」

(「ベンジー、来年夏フェス出てよー!」というお客さんからの声に)「出たい。出るよ」

(「ベンジー、クリスマスも札幌来てよー!」というお客さん声に)「…それはちょっと無理かもしれない」

(浅井健一がメンバー紹介をし終わったあと、お客さんから「ボーカルは?」との声に)「浅井健一!」「ありがとね」

(深緑で中断したあと、)「今ちょっと面白かったな」

「今日はハプニングもあったし、楽しかったね」

「雨降ってたけど、晴れて良かったじゃん」

「サンキューサッポロベイビー。ありがとう」

セットリスト

わかるところだけ書く。Nancy中心の選曲だった。以下の曲目や曲順は正しくなく、すみません。わかる範囲でのメモとして残しておきます。情報募集中です。

  • プラネタリウム(BJC)
  • Your Smile
  • 僕は何だろう
  • 深緑(AJICO)
  • Stinger
  • Johnny Love
  • 紙飛行機
  • Vietnam1964(SHERBETS)
  • 小さな花(SHERBETS)
  • DERRINGER(BJC)
  • SALINGER(BJC)
  • EN1
  • Sky Diving Baby
  • EN2
  • ハラピラオ

※コメント欄でKさん教えていただきました

  • MORRIS SACRAMENT
  • Parmesan Cheese
  • 麦(SHERBETS)
  • Papyrus
  • 君をさがす

浅井健一の世界

「浅井健一の世界だった」これがライブを全て見終わった後の感想だ。ギターを間違えているところもいっぱいあったけど、そういうのも気にならないような、歌、音楽、振る舞い、全てが浅井健一、ベンジー。何をやってもカッコイイ。どの曲でも良かった。椎名林檎が評していたように浅井健一は歩く芸術だった。浅井健一の歩いた道に花が咲くように思えた。

次回、また札幌のライブがあれば、浅井健一でもSHERBETSでもJUDAでも何でも絶対行きたい。